カテゴリー‘時流仕事ができるか否か?’

会社を個性的に再編し,業績を回復していきたい思い!

前回は・・・

 

「仕事に対しても情熱的に関われますし

お客さんや仕事仲間との関係も非常に良好になり

この循環によって会社に今まで以上の価値を

もたらし好循環を演出してもらえます。」

 

という言葉で結びました。

 

この様なスタッフがいてくれれば

経営者である彼の立場から見ても

大きな力を得る事ができたと安心できます。

 

力を得られたと

経営者が勇気づけられ理由としては・・・

 

競合他社もなかなかこの様なスタッフには

恵まれないという状態が

長い間続いているという事です。

 

個性的のない既製のサービスが

2つあったとします。

 

消費者はきっと安くて速い方をほぼ選択します。

 

こんな時経営者の方は・・・

  (さらに…)

「組織にとって必要不可欠な人」になっています!

前回は・・・

 

「こんな時に・・・自分が試されます!

  顧客が怒って怒鳴り込んできました。

  すごい剣幕です。

  真っ先にそのお客様のところに飛んでいけますか?

  それとも上司を呼びますか?

  担当のお客様ではないし遠くで見るだけにしますか?」

 

という言葉で結びました。

 

先日も知り合いの経営者の一人と

話しをする機会を得ました。

 

その人が欲している人材についてなのですが・・・。

 

組織の上層部からの指示に

しっかり従ってくれる人

そうする事で昇進が

付いてくると信じて疑わない人

 

意欲的に精力的に仕事に取り組む人

色々な方面に触手を伸ばし

注意を向けて対応できる人

 

どのような人材を

その経営者が欲しているかと問えば

返ってきた答えは・・・

明白でした。

  (さらに…)

そんな時・・・遠くで見るだけにしますか?

前回は・・・

 

「きっとこんな人だと思うのですが・・・

人を新しく入れ替える時に考える事は

より人間的である事

より人間関係を大切にする人である事

より成熟した人である事

情熱を持ち合わせ、生き活きとした生命力

活気、活力に溢れ状況、事態を冷静に見つつ

多くの問題点を考慮し組織にとって有益な判断を

付けていく事ができる人。

変化に柔軟な対応ができ

倒されて落とされても這い上がってくる

精神的なタフさを持つ人を求めています。」

 

という言葉で結びました。

 

この様な素質を持つ人は

そうはいないと思います。

 

何故そうはいないのでしょうか?

きっと・・・

覚悟が持っていなからではないかと思うのです。

 

自分に当てはめて考えてみると・・・

頭の中で色々と損得勘定でシミュレーションばかりしていては

手に入れる事ができない能力なのですが・・・

 

一度覚悟を定めれば・・・

誰でもその手に持つ事ができるとも思うのです。

 

キーワードは・・・

「これは自分の仕事ではないので・・・」

「そんな事までしなくても良いだろう・・・。」

「そんな事をするのは越権行為だ・・・。」

こんな事を言っている状態では

他者任せで・・・今後

立派と言われる資質は身につかないと思われます。

 

こんな時に・・・

自分が試されます!

 

顧客が怒って怒鳴り込んできました。

すごい剣幕です。

真っ先にそのお客様のところに飛んでいけますか?

それとも上司を呼びますか?

 

担当のお客様ではないし遠くで見るだけにしますか?

精神的なタフさを持つ人を求めています (^_^)

前回は・・・

 

「今、世界的に広がっている

新しい働き方の条件とは・・・

まずは・・・創造的な業務ができる事

人と人を結びつけ考えをつなげられる事

自己判断にしっかりと責任を取る事

人を活かす心利他心を保持する事

目立つ存在になる事」

 

という言葉で結びました。

 

こういった条件に基づく仕事に

邁進していけばその人の働きに見合った

その人の価値に見合った人脈も収入も

確保できる事間違いなしという状態となります。

 

今、私が働いている会社が

人員整理する計画が生まれているとします

そんな時、一番に退職勧告を受けるのは・・・

 

また、人員整理の後に新しく迎え入れようと

画策している人とは・・・

どういった能力を保有している人なのでしょうか?

 

体力があってただただ長く働く事ができる人

その業務経験が長く色々と幅広く知っている人

学業成績が優秀で頭の切れるだけの人・・・

こんな人を選ぶのでしょうか!

 

きっとこんな人だと思うのですが・・・

(さらに…)

新しい働き方の条件とは・・・

前回は・・・

 

「家族がある方は経済的な心配があって

  一歩踏み出す事に躊躇されるかもしれません。

  私も二の足を踏んで踏んでする方ですから・・・。

  こんな言葉があります・・・

『その分野でハブ的存在を目指す人は

   逆に豊かさにつながっていく

   大きな一歩を踏み出せますよ。』」

 

という言葉で結びました。

 

現在まで私が働いてきた会社で

私に要求されてきた事はこんな事が・・・

その主な内容であった様に感じています。

 

それは・・・

 

組織の幹部方が出す指示にしっかり従う

出勤、会議、会合に遅れないようにする

不平を表に出さず黙々と働く・・・

 

といった様な条件をしっかりと肝に銘じ

この条件を順守しさえすれば

それに見合った見返り報酬等の

様々な福利厚生を享受できた訳です。

 

しかし・・・

 

このような時代は終了しようとしています。

終了したかもしれません !

 

(今まで、先ほどの条件をしっかり守り

福利厚生を十分に享受したので

平和慣れしてしまって・・・

まだこの状態が続くのでないかと

予測が甘く、終了したと言い切れないのです(´・_・`))

 

今、世界的に広がっている

新しい働き方の条件とは・・・

まずは・・・

創造的な業務ができる事

人と人を結びつけ考えをつなげられる事

自己判断にしっかりと責任を取る事

人を活かす心・・・利他心を保持する事

目立つ存在になる事 。

豊かさにつながっていく大きな一歩を踏み出そう (^_^)

前回は・・・

 

「これらの人々は決して恵まれた境遇や才能だけで

ある種の成功をおさめられたのではないと思います。

この様な人々は沢山おられます。

これらの人々の考えや活動が書かれた書物を読むと

自分の力や他者との関わりの大切さを信じて

「変化し続けよう・・・。」と選択していた事が

よく分かります。」

 

という言葉で結びました。

 

幼稚園に通っている頃は

個性的で優れた創造者

 

小学校入学時には

他の誰とも異なる豊かな感性を

誰しも持ち合わせていたと思います。

 

学生の頃・・・

運送会社や中華料理店でアルバイトをした

経験があれば立派な経営者になれる素養の一つを

持ち合わせているという事です。

 

問題となってくるのは・・・

私もそのひとりですが

本人にその気があるか否かだと感じます。

 

大きい小さいがあったにしても

その部門や分野で要(ハブ)の人材になろうと

決心する事は危険がとても大きいように

感じてしまいませんか?

 

 

顧客からクレームがきたらどう対処しようか・・・

スタッフが不満をもてしまったらどうしようか・・・

売上が下がってしまったらどうしようか・・・

体力的に務まらなかあったらどうしようか・・・

心配のネタは尽きません。

 

また・・・

 

家族がある方は経済的な心配があって

一歩踏み出す事に躊躇されるかもしれません。

私も二の足を踏んで踏んでする方ですから・・・。

 

こんな言葉があります・・・

「その分野でハブ的存在を目指す人は

逆に豊かさにつながっていく

大きな一歩を踏み出せますよ。」

「変化し続けよう・・・。」と選択していた事!

前回は・・・

 

「 私自身もこれらの意見に

   ほぼ賛成せざるを得ない状態です。

   異議を唱えられるだけの

   実績は全く無いのですから

   成功とはある特別な境遇にある人に

   訪れてくれるものと概ね感じています。

   トホホホ・・・ですね(´・_・`) 」

 

という言葉で結びました。

 

しかし・・・

本当にそうなのでしょうか?

その考えで良いのでしょうか?

 

「大きな事はできませんが

小さなことを大きな愛を持って

実行していくだけです。」

という言葉の通りに

弱者救済に一生を捧げた

マザー・テレサ。

 

反アパルトヘイト運動に取り組み

獄中生活をしながら

デクラーク大統領とともに世界を変えていった

ネルソン・マンデラ。

 

日本の明治時代の政治家・社会運動家で

渡良瀬川沿岸の足尾銅山鉱毒被害を取り上げ

様々な政治活動を重ね

社会に衝撃を与えた天皇陛下への直訴など

市井の人々を守り抜こうとした

田中正造。

 

災害で大切な家族を失ってもなお

居酒屋を経営し多くのお客さんを

楽しませ励ます店主。

 

仲間に何度も裏切られ

その心が折れそうになっても

何度も立ち上がり事業を

支援していく起業家。

  (さらに…)

『どうして人は成功できるのだろうか?』と問いかける人は・・・

前回は・・・

 

「料理店のオーナーが食材購入に

最高のパフォーマンスを発揮し

料理人のその心意気を伝え

最高の技術でその努力に報いる。

そして一番大切なお客さんが笑顔になる。

お客さんがお客さんを呼び込んできて下さる。

市場が拡大していく。

すると最終的には店のオーナーに

その恩恵が帰ってくるという事ですね。」

 

という言葉で結びました。

成功と失敗を分ける境目とは

どこにあるのだろうかと思います。

 

『どうして人は成功できるのだろうか?』

 

こんな事を考えているとだいたいの人は

「自分には成功のための特別な才能は備わっていません・・・。」

という言葉が頭に浮かんでくると思います。

 

更に・・・

 

「教育的にもその素養がなく

環境にもその人脈にも恵まれていないので

成功するわけがありません。

生まれつきの素質や遺伝的要素も無いのですから・・・。」

 

という追い討ちをかけてしまいます。

 

私自身もこれらの意見に

ほぼ賛成せざるを得ない状態です。

異議を唱えられるだけの実績は全く無いのですから

成功とはある特別な境遇にある人に訪れてくれるものと

概ね感じています。

 

トホホホ・・・ですね(´・_・`)

そして・・・一番大切なお客さんが笑顔になる (^O^)

前回は・・・

 

「自分の才覚によって変化を生じさせ

  活動性を向上させれば市場からの需要が

  更に拡大していくという考え方を背景に

  他者や他社を活かす態度から事を

  進めていく行動がベターと判断できるのです。」

 

という言葉で結びました。

 

こんな話しを伺った事があります。

一流と言われる料理人であっても

その食材の購入には苦労しているとの事。

 

その苦労はどこから来ているかといえば・・・

儲けを出すためにコストをギリギリまで

切り詰めなければならないので

良い食材の購入には常に躊躇してしまう

というところに起因してとの事。

 

最高の食材を思いっきり活かした料理を

お客さんに出したいと思っても・・・難しい。

 

ここで先ほどの考えに基づいて

最高の食材を切れ味鋭い腕で

素晴らしい逸品に仕上げてもらう。

 

その知識・技術を周囲の人は真似て

自分のものにしていく。

 

すると・・・

 
(さらに…)

自分の才覚によって変化を生じさせていく (^_^)

前回は・・・

 

「忘れないようにしなくてはならない事は・・・

『人から言われた事だけに集中し

その事だけするのではなく

工夫を凝らして短時間で

その仕事をやり遂げ

更に人と関わっていく事が大切。

普通と言われる価値観との違いを

意識し経験を豊かにしていくために

人とのつながりを深めて大切にしていく。』

そんな事にある様に感じます。」

 

という言葉で結びました。

 

 こんな考えに取り込まれてしまっていた時期が

あったと述懐される事もあろうか思います。

 

表面上は自分が今取り組んでいる事業は

ブルーオーシャンが広がっていると

余裕しゃくしゃくで意気揚々と

日々の業務に取り組んでいました。

 

しかし・・・

 

その実、自分の持っている知識と技術を

惜しげもなく提供してしまう事は・・・

自分の業務を将来有望な後輩や同僚に

取られてしまうのではないかと

不安に苛まれつつ活動していました。

 

 

そうなのです・・・

 
(さらに…)

明日へのための贈り物

SOHOへの一歩
あなたへの一曲
あなたへの一言

小さな商いを積み重ねてみよう!

こちらから ⇒
小商いサイト

心身の健康への一言

参加中ランキングです!!

応援を宜しくお願い致します!!

人気ブログランキングへ

伊予龍馬作成無料レポート

無料レポートを作成致しました(^O^) ご一読下さい!
                                                                               下記ボタンからどうぞ↓
レビューアフィリエイト 基礎編
seesaaブログ開設&作成vol①
seesaaブログ開設&作成vol②

おすすめ情報 (^O^)


【エックスサーバー申請】 【お名前.com 独自ドメイン】 【ロリポップ!】 【infotop】


季節のおすすめ商品はこちらからどうぞ

Twitter

ページトップ